読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

Ubuntu10.10に移行。大きな変更は無いようだ。aptitudeがデフォルトでインストールされなくなった。

ibus-mozcのキーバインド

kotoeriに変える方法は少しトリッキー。

/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog

で設定パネルを出すことができる。

evinceの日本語

sudo aptitude install poppler-data

Visual effects=Normal

Noneだったが試験。NoneでのWindowの移動はWorkspace switcher上のドラックアンドドロップで可能だったが、Normalだとそれができない。Keyboard shortcutを見て、Alt+Ctrl+Shift+{right,left}でできることがわかった。当分試してみようと思う。

ボヨーンとwindowが出たり、スルっとworkspaceが変わったりする視覚効果は、なんとなくコンピュータが早く動いている気にさせる。Apple magic.

基本

sudo aptitude install zsh vim openssh-server

執筆環境

sudo aptitude install yatex texlive-publishers texlive-latex-extra

Yatexキーバインドが変わった。C-c C-tで始まる。

開発環境

sudo aptitude install subversion build-essential gfortran liblapack-dev libblas-dev libtool automake autoconf openmpi-dev

Python環境

sudo aptitude install python-dev python-numpy python-matplotlib python-tk python-lxml python-yaml

NFS

sudo aptitude install nfs-client

/etc/default/nfs-common

NEED_IDMAPD=yes