読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 11.10(64ビット)のセットアップ

このX200にUbutnu 11.10をインストールした。11.04よりあきらかに動作が軽い。Thinkpadトラックポイントは何も設定せずに期待取りに動く。しかし、解決すべきいくつかの問題があった。

.xmodmapの自動読み込みをしてくれなくなった。

.Xmodmapにrenameして解決。.config/autostart/に記入するという方法もあるようだ。

日本語環境

System setting->language supportから簡単にセットアップできる。フォントは、

cp /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf ~/.fonts.conf

で綺麗なのが表示される。システムフォントの変更はAdvanced settingsをインストールして行うことができる。フォントの優先順位の変更方法がわからない。例えば、部分的に表示されてしまう中国フォントを、ttf-vlgothicをインストールすればVL Gothicが置き換えてくれるが、Takaoフォントでは置き換えられない。
IPAモナーフォントのパッケージがなくなっている。インストール方法は http://www10.atwiki.jp/shirayuu/pages/62.html に詳しく書いている(他にもかなり参考になる情報あり)。

Chromeのインストールでこける (10/28 追記)

sudo apt-get -f install

とすると、整っていない依存関係が解決され、google-chromeがインストールできるようになる。

compizconfig-settings-managerは必須

System settingからできることが少ない。マウスオーバーでウインドウをアクティブにするのはcompizconfig-settings-managerのGenaral optionsから。

Apple wireless keyboardが動かない (10/28 追記)

たまに動いたりするけど、全般的に動かない。Bluetoothのサービスがおかしい。service bluetooth restartすると動くこともある。