読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Materials scienceとComputer science

Materials scienceが非常に微細なサイズを取り扱うようになってきたので、コンピュータシミュレーションと現実がどんどん近づいてきた。でも、現実の現象はサイズが小さいからといって、単純ともかぎらないし、サイズが小さいから観測が難しかったり、環境の変化に敏感だったりする。そういった「絡み合った現象」を「たくさんの絡み合っていない現象」に分解できると、コンピュータシミュレーションで扱いやすくなるような気がする。
「たくさんの絡み合っていない現象」を「たくさんのコンピュータシミュレーション」で置き換えることができたとする。そのとき、うまく「たくさんのコンピュータシミュレーション」を処理したい。現状のコンピュータハードウエアに向いた処理方法や、自動制御など、Computer scienceの知識が生きてくるはずだけど、Materials scienceとComputer scienceの両方をよく知っている人は少ない。つまり、狙いどころだ。