読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KVM使い方(Ubuntu)

virt-installVMの作成、virshでVMの管理ができる。

KVMのインストール
sudo apt-get install qemu-kvm libvirt-bin ubuntu-vm-builder bridge-utils virtinst
ブリッジネットワークデバイスの作成と物理ネットワークデバイスとの関連付け
auto eth0
iface eth0 inet manual

iface br0 inet static
address 192.168.1.xxx
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers xxx.xxx.xxx.xxx
bridge_ports eth0
bridge_stp off
auto br0

ネットワークの再起動後、仮想ブリッジの確認

brctl show
VM作成

vncで接続できる状態でのインストール。Ubuntu14.04サーバのインストールCDイメージ(ubuntu-14.04.2-server-amd64.iso)がカレントディレクトリにあることを想定。

% sudo virt-install \
--name vmname \ 
--ram 2048 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/vmname.img,size=30 \
--vcpus 1 \
--os-type linux \
--os-variant ubuntutrusty \
--network bridge=br0 \
--noautoconsole \
-c ubuntu-14.04.2-server-amd64.iso \
--graphics vnc,listen=0.0.0.0,password=vnc

size=30は30GB。vncポートを確認するには、

% virsh vncdisplay vmname

とする。環境設定の書かれたファイルは

/etc/libvirt/qemu/vmname.xml

に作成される。

VirtualboxからKVMへの移行

参考http://qiita.com/BexPolar/items/5d9189573e6900be0069

qemu-img convert -O raw vmname.vdi vmname.img
% sudo virt-install \
--name vmname \ 
--ram 1024 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/vmname.img,bus=sata,format=raw \
--vcpus 1 \
--os-type linux \
--os-variant ubuntutrusty \
--network bridge=br0 \
--noautoconsole \
--graphics vnc,listen=0.0.0.0,password=vnc \
--import