fstab on Ubuntu 18.04 (systemd)

x-systemd.automountというのが使えるらしい。 - fstab - ArchWiki

Gridengine on Ubuntu 18.04

Segfaultで動かない。 - Installing (Son of) Grid Engine on Ubuntu 18.04 LTS – Muddy Boots - Bug #1774302 “package gridengine-master 8.1.9+dfsg-7build1 faile...” : Bugs : gridengine package : Ubuntu - Bug #1633251 “Crashes when installing on Ubuntu 16.10” : Bugs : gridengine package : Ubuntu

Ubuntu18.04のLDAP認証にlibnss-ldapの代わりにlibnss-ldapdを使う

なぜかLDAP認証がすごく遅くなった。libnss-ldapdを使うと具合が良くなった。たくさんの台数を自動的に設定する方法がわからなかった。設定ずみのnslcd.confを先に/etc/にコピーしておいて、

apt purge -y libnss-ldap; apt install -y libnss-ldapd

とかすると少しだけ楽になる。

Ubuntuでslapdのインストール

/etc/hostsを適切に設定しておく必要がある。とりあえず黙って3つ同じのを書く。

127.0.1.1 hostname.example.com hostname
127.0.1.1 hostname.example.com hostname
1.2.3.4 hostname.example.com hostname

condaでのパッケージインストール

MKLやhdf5に問題があったりして、conda-forgeで入れるものは入れたほうが良さそう。依存関係がシンプルなので。

インストール手順。

conda create -n dev -c conda-forge python=3.7

Linuxの場合

conda install -c conda-forge gcc_linux-64 gxx_linux-64 matplotlib pyyaml scipy ipython liblapacke boost eigen cmake h5py spglib
conda install -c conda-forge hdf5=1.8.20

macOSの場合

conda install -c conda-forge matplotlib pyyaml scipy ipython liblapacke boost eigen cmake clang_osx-64 clangxx_osx-64 llvm-openmp h5py spglib

注意 lapacke.hopenblasパッケージに入っている。liblapackeではない。

追記(2019/6/6) boostもconda-forgeからいれたほうがいい。anaconda/boostにはbimap.hppが無い。cmakeとeigenも念の為にconda-forgeから。

ジョギングトレーニン

Tempo run

10km

まとめ

筋肉

elpy, flycheck, irony, company-modeなどなどのインストール

emacsのpackage-installから。 パッケージ名は[elpy, flycheck, irony, company, company-irony, company-irony-c-hedears, smartrep, py-yapf]

exec-path-from-shell, cmake-mode, yaml-mode, yatex, use-packageなどもインストール。

elpyの導入

個人的な Python 用の Emacs の設定 | org-技術

Emacs – The Best Python Editor? – Real Python

elpyの設定メモ - ししちにじゅうはち 4x7=28

pip install flake8 importmagic yapf jedi

M-x elpy-configでインストールしたパッケージが正しくelpyに読み込まれているか確認する必要がある。Macのアイコンから起動するemacsでは、shellの設定が読み込まれない。これはexec-path-from-shellパッケージをインストールして.emacs内でinitializeすることで詠みこまれるようになる。

M-x package-refresh-contents
M-x package-install exec-path-from-shell
(exec-path-from-shell-initialize)

company-ironyの導入

M-x irony-install-server RET

を忘れずに。

rtags

Update 2018/07/26. rtagsの設定やドキュメントがずいぶんアップデートされた。

インストールや設定はここに書いているように行う。

rtagsをmakeする環境としてcmakeとllvmが必要。ない場合は次のようにインストールする。

% brew install llvm cmake

emacsでrtagsとflycheck-rtagsをpackage-installする。

flycheck c++ 11の設定

(require 'rtags)
(add-hook 'c-mode-hook 'rtags-start-process-unless-running)
(add-hook 'c++-mode-hook 'rtags-start-process-unless-running)
(add-hook 'objc-mode-hook 'rtags-start-process-unless-running)
(setq rtags-completions-enabled t)
(require 'company)
(global-company-mode)
(push 'company-rtags company-backends)
(define-key c-mode-base-map (kbd "<C-tab>") (function company-complete))
(require 'flycheck-rtags)
(setq rtags-autostart-diagnostics t)
(defun my-flycheck-rtags-setup ()
  (flycheck-select-checker 'rtags)
  (setq-local flycheck-highlighting-mode nil) ;; RTags creates more accurate overlays.
  (setq-local flycheck-check-syntax-automatically nil))
(add-hook 'c-mode-hook #'my-flycheck-rtags-setup)
(add-hook 'c++-mode-hook #'my-flycheck-rtags-setup)
(add-hook 'objc-mode-hook #'my-flycheck-rtags-setup)
(setq rtags-display-result-backend 'helm)

その他 emacs 設定

Emacsの設定 - nobUnagaの日記

自動改行をする/しない

(c-toggle-auto-newline 1)

pytestのビデオ

plotly, dashのビデオ

Python datetimeのタイムゾーンUTCからlocal timeへ

Convert a python UTC datetime to a local datetime using only python standard library? - Stack Overflow

from datetime import timezone
datetime_obj.replace(tzinfo=timezone.utc).astimezone(tz=None)