TEXで作った数式のアウトライン化

情報を探すのに思いの外時間がかかったが、以下のサイトにたどり着き解決。-dNoOutputFontsが鍵。
Ghostscript のこと(1):アウトライン化の詳細 - Acetaminophen’s diary

git submodule

git pull --recurse-submodules https://github.com/<user>/<repository>.git <branch>
git submodule update --init --recursive
git submodule update --remote

USB LANアダプタ

Macでドライバインストール不要らしい。
USB-LAN1000R|製品仕様|PLANEX

anacondaのopenblas on Mac

anacondaチャネルのMac用のlibgfortran(3.0.1)が壊れているようだ。代わりにconda-forgeチャネルのlibgfortran(3.0.0)を入れたらうまく動いた。でもこれだとmklをリンクしたnumpyが使えない。そこで、anacondaのlibgfortran(3.0.0)を使いたい。うまくインストールしないとlibgfortranが3.0.1にアップグレードされてしまうのでインストールする順番が大事だ。まず必要なパッケージを一通りインストールしたのち、libgfortranをダウングレードすると、依存するパッケージも自動的にダウングレードされるので簡単にlibgfortran(3.0.0)を中心とした環境ができた。

conda install libgfortran=3.0.0

openblasはlibgfortran=3.0.0のインストールの後にインストールする。そうでないと依存関係がうまく解決できなくなる。

anacondaのhdf5

anacondaチャネルのhdf5(1.10.1)が壊れているようだ。hdf5(1.8.17)は大丈夫そうなのでダウングレードする。(libgfortran=3.0.0すると自動的にダウングレードされる)

conda install hdf5=1.8.17

Travis-CIで、conda install中にコケる

こんな感じでこける。

CondaError: IOError(11, 'Resource temporarily unavailable') travis

よくわからないけど、おまじないみたいなもので解決した。
TravisCI builds failing with latest Miniconda · Issue #6487 · conda/conda · GitHub
Large writes to stdout sometimes fail with "Resource temporarily unavailable". · Issue #4704 · travis-ci/travis-ci · GitHub

homebrewに移行を検討

brew install wget
brew install gcc@6
brew install tmux
brew install coreutils
brew install gnu-tar
brew install imagemagick
brew install aspell --with-lang-en
brew cask install iterm2
brew cask install osxfuse
brew install sshfs
brew cask install emacs
brew install gnuplot --with-x11 --with-cairo --with-wxmac
brew options gnuplot
export PATH=/usr/local/bin:$PATH

Emacsでのaspellの設定

(setq ispell-program-name "/usr/local/bin/aspell")
(setq ispell-list-command "--list")

tmux内からopen(macOS)を使う

brew update
brew install reattach-to-user-namespace
brew upgrade reattach-to-user-namespace
echo "set -g default-command \"reattach-to-user-namespace -l ${SHELL}\"" >> ~/.tmux.conf

Unable to use 'open' command in OSX tmux