Quantum espresso v6.5のコンパイル

Intel Parallel Studio XE 2019を使ってコンパイルした(v2015ではQEが実行時にこける)。 IntelコンパイラでmakeしたOpenMPI 4.0.2を使った。

OpenMPIのコンパイル

export PATH=/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/bin/intel64:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/compiler/lib/intel64_lin:/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/lib/intel64

OpenMPIのconfigureは以下の様な感じ。

% ./configure --enable-static --prefix=some_openmpi_directory --enable-mpi-compatibility --with-sge

make && make installしたのち、OpenMPIにパスを通す。

export PATH=some_openmpi_directory/bin:$PATH

QE-PWのコンパイル

Quantum espressoのconfigure。

% ./configure FFT_LIBS="/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/interfaces/fftw3xf/libfftw3xf_intel.a" LIBDIRS="/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/lib/intel64"

自動生成されるmake.incの中のSCALAPCK_LIBSとIFLAGSに変更を加える(この作業は不要かも)。

SCALAPACK_LIBS = -L/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/lib/intel64 -lmkl_scalapack_lp64 -lmkl_blacs_openmpi_lp64
IFLAGS         = -I$(TOPDIR)/include -I$(TOPDIR)/FoX/finclude -I/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/include -I/opt/intel/compilers_and_libraries_2019.5.281/linux/mkl/include/fftw
% make -j8 pw

make installは不要かな。というのも./bin/に実行ファイル.xのシンボリックリンクができるから。make installは.xファイルをインストールディレクトリにコピーする。make installは*.xファイルをインストールディレクトリにコピーし、シンボリックリンクソースコードディレクトリ下に作る。

テスト。

% cd PW/examples/example01
% ./run_example

使い方。

% mpirun pw.x -i some_input.in > some_output.out

設定ファイル

http://www.quantum-espresso.org/wp-content/uploads/Doc/INPUT_PW.html

Static link関係

https://www.archer.ac.uk/documentation/software/espresso/compiling_5.0.3_mkl-phase1.php ./configureした後に、make.sysをいじる。